STEP 1

①麹をほぐしましょう!(乾燥麹の場合)
 ボウルに麹を入れ、手で握って麹をほぐしましょう!
 もみほぐすようにして、粒状になるまでほぐします。
 ただし1粒1粒になるまでほぐす必要はありません。
 多少くっついていても、発酵の途中で自然とほぐれて行きます。

②塩を加えましょう!
 ほぐした麹が入っているボウルに塩を入れます。
 よく馴染むように、手でムラなくよく混ぜましょう!

③水を加えましょう!
 ボウルに水を注ぎ、ゴムべらやスプーンでよく混ぜます。
 これで塩を溶かします。

④寝かせましょう!
 全体をよく混ぜることができたら、清潔な保存容器に移し入れ、
 蓋をし、室温で寝かせます。
 蓋は完全に閉めずに、少しだけ開けておくことがポイントです。

寝かせる期間
夏は1週間程度。
冬は10日~2週間。

発酵に適正な室温
適正な室温は住んでいる地域や季節によっても違ってきます。
しかし寒ければ、発酵が進みにくくなると、言われています。
そのため寒い地域に住んでいる場合は寝かせる期間が長くなり、
温かい地域にすんでいる場合は寝かせる期間が短くなります。
発酵が遅いな・・・と、感じることがあれば、
温かい部屋に移しましょう。
また室温が高くても、冷蔵庫に入れる必要はありません。
麹菌の力が弱まり、発酵が進みません。


基礎知識
レシピ
商品紹介
特徴
利用上の注意点
関連書籍
その他の塩麹商品
初めて作る塩麹日記
取り扱い注意点
塩麹を作る
塩麹アラカルト

松江市錦織会計事務所

相続税対策相続税の専門サイト

ベッド通販のことならNESTデザイン

寝具店 糸賀ふとん店(出雲市)